お金の大切さや借金について

お金の大切さや借金について

ブログの更新情報

お金を重視します

2013年12月26日 14:30 /

なお金と仕事、天秤に掛けるとしたら、ということですが、 生活していけないほど収入が少ない、うつ病になるほど仕事がつらいといった状況ではない前提で、 私は、収入(=お金)を選びます。 しかしキャッシングなどでお金を借りることはしません。とくに消費者金融は。 実際、いま、私は、大企業のスタッフ部門で15年近く働いています。 それなりにやりがいを感じる時期もありますが、たいていは、暇で、社内調整ばかりの面白みの ない仕事をやっています。つまらないけど残業はないし、小さい子供がいるので私生活を重視し た生活ができています。 そして、給料がそこそこいい、というのが、辞めない最大の理由です。 いまの自分の実力の市場価値以上の給料をもらっているので、やりがいを求めるなら、 給料の少ない企業にいこうという選択にならざるを得ないと思っていますが、 生活レベルを落とすという決断はやはりできません。 兄が、好きな仕事をしていて、ただ、とても給料が安いため、彼女となかなか結婚できず、 将来に不安を抱えているようです。 なんだかんだ、お金は必要だと思っています。

消費者金融のプロミスに

2013年10月10日 15:36 /

お金を貸すというのは相手が家族であっても嫌なものです。でもアコムや消費者金融のプロミスにお金を借りてほしくない。だからと言って私もお金を貸したくない。これがきっかけで家族が崩壊することもあるからです。これは、相手が友人であっても同じといえるでしょう。特に友人というのは法律的に何の縛りも無い為、簡単に縁が切れてしまいます。 その為、お金を貸す時にはそれなりの覚悟が必要だということです。お金を貸すのならば、そのお金は戻ってこないことも考慮しないといけません。金額の大きさによっては借用証のようなものを用意する必要があるでしょう。 又、その借用書をきっかけにして揉める様なことがあるかもしれません。いずれにしろ、私なら友人との縁を切るつもりでお金を貸すようにします。 基本的にお金の貸し借りなど誰もしたくないものです。これは資本主義社会の負の部分といえるでしょう。

消費者金融からキャッシングすることなんて

2013年9月27日 15:47 /

独身の頃のわたしは、愛があればお金がなくても大丈夫、という価値観の持ち主でした。もちろん消費者金融からキャッシングすることなんてありません。お金がなくても、消費者金融からキャッシングしたり、友達からお金を借りることはなく夫婦二人で助け合って生きて行けば、そしてそこに愛があれば、お金がたくさんあって愛のない夫婦よりもずっとよいと思っていました。もちろん今でもその気持ちは半分あるのですが、結婚してからずいぶん変わったような気がします。 わたしは、少し年下の夫と結婚して、夫は結婚した時、大学を卒業して就職したばかりの状態だったので、収入がとても少なかったです。わたしはというと、遠距離恋愛だったために、結婚退職して専業主婦をすることになりました。 すると、やはりお金がないと、お小遣いもたくさん渡してあげられなかったり、自分もオシャレもできなかったりしてストレスがたまることを知りました。 もちろん愛は大切です。しかし、お金があれば、ギスギスした関係にならないと思います。でもキャッシングをしてまでお金をGETしちゃいけないよ。